カリビアンコムは危険なの?安全なの?

「カリビアンコム」の危険性を検証

「カリビアンコム」は危険なのか?逮捕者も出ている「カリビアンコム」について管理人が徹底的に調査・検証しました。

 

 

「カリビアンコム」に限らずですが、有料アダルトサイトというと知らぬ間に個人情報を盗まれたりクレジットカードを悪用されるんじゃないか?そんな不安があると思います。

 

今となっては色々なサイトに入会している管理人ですが、最初は同じように不安な気持ちで初めて登録する時はかなり躊躇しました。(結局性欲に負けましたがw)

 

しかも「カリビアンコム」にいたっては2017年に制作者や出演者の逮捕といった事件もありましたので、利用する側としては不安が多いと思います。

 

実際のところどうなのか、まず結論から申しますと・・・
「カリビアンコム」は安全です!

 

 

とはいえアダルトという性質上、やはり危険なサイトというのは一般サイトに比べて多いし、管理人でさえ新しい有料アダルトサイトに入るのはいまだに不安に感じることもありますし、慎重に下調べをします。

 

自分も法律違反で捕まったりしたらどうしよう・・。もしも退会できなかったらどうしよう・・。電話が掛かってきたらどうしよう・・。カード情報が漏れたりしたらどうしよう・・。

 

管理人はいつもこういうことが不安になりますし、実際にそういう相談をメールで受けることもあります。ですので今回はそういった疑問にも答えながら、「カリビアンコム」の危険性、なぜ安全と言い切れるのか?といったことについて検証していきます。

「カリビアンコム」から逮捕者が!?サイト運営は大丈夫?

比較的大きく報道されていたのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、2017年1月に「カリビアンコム」で配信されているAV作品を制作している会社のスタッフが逮捕され、3月にはAV女優、男優、運営スタッフも逮捕され日頃「カリビアンコム」にお世話になっている日本男児たちの間に大きな衝撃が走りました。

 

こういう事態になればサイトが閉鎖されてしまうのではないかという不安が当然あります。こちらについて管理人なりの考えを書いていきます。

 

※この記事は2017年11月に最初に公開したものとなります。2019年2月に一部追記しています。

 

逮捕された人たちとその理由

「カリビアンコム」の関係者で逮捕された人たちとその時系列は以下の通りです。

 

2017年1月:AV制作会社の社長と社員を逮捕

“無修正のわいせつ動画をインターネットで配信したとして、警視庁と愛知、静岡両県警の合同捜査本部は、わいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で、アダルトビデオ(AV)制作会社「ピエロ」社長で台湾出身、陳美里容疑者(67)=東京都練馬区石神井町=ら男女6人を逮捕した。警視庁によると、ピエロが制作した動画は海外アダルトサイト「カリビアンコム」で配信されていた。”

引用:2017年1月11日の産経ニュースより

 

これがカリビアンコム関係者逮捕の第一報でした。こちらのAV制作会社は実際にAVの撮影を担当しており、撮影された作品は間に台湾の会社をはさんでほぼ全てカリビアンコムで配信されていて、実態としてはカリビアンコムのための会社だったようです。警察はここをきっかけに摘発網を広げたいと考えているようです。

 

2017年3月:元AV女優の西川ゆい、AV男優の大島丈と所属芸能プロダクション社長を逮捕

“わいせつ電磁的記録頒布(はんぷ)幇助(ほうじょ)容疑で逮捕されたのは、無修正動画の撮影現場にAV女優を派遣した芸能プロダクション「ディクレア」社長の石崎宣行容疑者(35)や同社従業員ら計5人。中には出演していた元女優の西川ゆい(25)と男優も含まれていた。”

引用:2017年3月8日の産経ニュースより

 

女優と男優が逮捕されたということでネット上でも大きく話題になっていました。そして思わぬ形で西川ゆいの年齢詐称も発覚し、管理人も地味にショックを受けました。。
「わいせつ電磁的記録頒布幇助容疑」ということですが、無修正で配信されるのを分かっていて人を派遣したり撮影に協力したということで罪に問われたみたいです。
西川ゆい以外にも逮捕されたAV女優もいるようで、実際のところ何人が逮捕されたかは分かりません。

 

2017年3月:カリビアンコムのサイト運営をするグループの社員でアメリカ国籍の男性を逮捕

“米国の大手無修正アダルト動画サイト「カリビアンコム」の運営に関与したとして、警視庁保安課はわいせつ電磁的記録送信頒布容疑で、米国籍で住居不詳の会社員、サープ・マイケル・ナオミチ容疑者(34)を逮捕した。サープ容疑者は撮影した動画を配信用に圧縮する作業などを行っていた。”

引用:2017年3月9日の産経ニュースより

 

こちらは上の逮捕からすぐのことで、直接的な運営関係者が初めて逮捕されたいう意味で衝撃でした。逮捕された男性はアメリカ国籍のほかに日本国籍も持っているそうで、普段は日本国外に住んでいるものの沖縄に訪れたところで逮捕されてしまったそうです。
容疑としては「わいせつ電磁的記録送信頒布」ですが、2016年8月中旬、性行為を撮影した動画をカリビアンコムで配信したことが直接の逮捕容疑とのことです。

 

 

上記いずれの逮捕者も「わいせつ電磁的記録頒布」または「わいせつ電磁的記録頒布幇助」の容疑で逮捕されています。
なぜ逮捕されたのか?ということが分かっていれば利用する立場として無用な不安に駆られることもないのではないかと思います。

 

「カリビアンコム」のサイト運営はどうなるか

管理人はおそらくサイトが閉鎖されることはないと考えています。
「カリビアンコム」は業界最大手サイトですし、今回の一連の摘発を受けて様々な対策をしています。

 

実際のところ、以前は会員料金の日本円での支払いが可能でしたが、現在は完全にドル決済のみになっており、これも日本国内向けではない、という点を主張できるようにするための一つの対策だと思われます。

 

2017年3月の摘発以降はとくに逮捕者も出ず、更新状況としても毎月コンスタントに20本以上の新作が追加されていて2019年2月現在もサイトは問題なく運営されています。

 

ただし絶対に閉鎖されないかと言われればわかりません。
国と警察が本気で無修正AVを一掃しようと取り組みを強化した場合は閉鎖される可能性がゼロではないかもしれませんが、当事者が日本国外にいる限りは逮捕のしようがないうえ、日本国内から無修正コンテンツの排除というのは実質的に不可能だと思われるため、最大手の「カリビアンコム」が完全に閉鎖というのは考えづらいです。

 

※2019年2月追記:その後もサイト閉鎖の様子はまったくなく、更新頻度も変わっていません。

 

会員や視聴者にまで逮捕が及ぶ可能性はあるか?

断言できます。これは100%ありません。
先日、「無修正サイトに会員登録したあなたも逮捕されるという最悪のシナリオもあるかも」という内容を書いてあるサイトを見つけました。
これは無用な不安を煽ることで、自分が紹介しているカリビアンコム以外のサイトへ登録させようとしている無責任で自己中心的なサイトです。
法律的根拠もなく不安を煽るようなサイトは絶対信用してはいけません。

 

少し話がそれましたが、ではなぜ100%逮捕されることは無いと言い切れるのか?その理由をご説明します。

 

今回逮捕されている容疑というのは、すべて「わいせつ電磁的記録送信頒布」に関しての摘発です。
「わいせつ電磁的記録送信頒布」といってもわかりづらいと思いますが、「わいせつ電磁的記録」というのはようは「無修正のエロ動画」のこと、「送信頒布」というのは「ネット上で配信」ということです。
つまり「無修正エロ動画をネット上で配信した」ことによる罪ということです。
ちなみにAV女優が逮捕されたのは「わいせつ電磁的記録送信頒布」の「幇助(ほうじょ)」、つまり「お手伝い」をしたからです。

 

ここで重要なのは頒布、つまり「ネット上で配信した」から罪に問われたということです。

 

日本の刑法上では「わいせつ」な映像などを見たり個人で楽しむことに関して罰する法律はありませんし、今後そのような法律ができることもありえません。

 

というのも、そんなことが違法になってしまったら風俗やセックス、極端に言えばオナニーすら違法行為になってしまいかねないからです。
そんなことになったら法によって守られているはずの人権を、法によって侵害してしまいかねません。
ですので無修正動画を見たから、あるいは無修正動画サイトの会員だったから捕まるということはこれからも絶対にありえないです。

 

ただしダウンロードした動画を自分のブログに載せたりDVDに焼いてヤフオクに出したりしたら「わいせつ電磁的記録送信頒布」になりますので絶対にしないでくださいね!

「カリビアンコム」の安全性や危険性に対する疑問に回答

サイト閉鎖の危険性については上で書いた通りですが、それ以外にも危険性に対する疑問は色々あると思います。
カードのこと、お金のこと、ウイルスのことなど、以下ではそういった疑問にお答えします。

 

クレジットカードを使っても平気なの?個人情報を悪用されない?

正直に言えば情報漏えい等の可能性は0ではありません。ベネ○セの大規模個人情報流出からもわかる通り、今の時代では完全に大丈夫ということはありえないと思います。
しかし「カリビアンコム」を運営するDTIは業界最大手ということもあり安全性にはとくに気を遣っていて、決済代行会社にクレジットカード決済業務を委託し、さらに送られる個人情報はSSL技術により厳重に暗号化して通信されます。
また、「カリビアンコム」のSSLサーバー証明書はシマンテック社が発行しています。シマンテック社は世界一多くのSSL証明書を発行している=世界的に安全性が認められている企業です。
有料アダルトサイトはセキュリティに配慮されたサイトが多いですが、その中でも「カリビアンコム」はトップクラスのセキュリティと言えます。

家に変なものが届いたり、電話がかかってきたり迷惑メールが届いたりしない?

会員登録に住所や電話番号は必要ないので、自宅などへ何かが届いたり架空請求の電話や営業電話などがくる可能性はありません。
メールについても、契約時や退会時の連絡はありますが、スパムメールなどが届くことはありませんでした。
もしも心配ならばヤフーメールなどのフリーメールでも登録可能ですので、そういったアドレスを利用してもいいかもしれません。

一度入会したら退会できなくなるんじゃないの?

簡単に退会出来ます。但し自動継続システムなので自分で退会処理をする必要があります。

 

退会手続きは簡単ですが、念のため当サイトでも詳しく案内していますので参考にして下さい。
⇒「カリビアンコム」退会方法を図解案内

無修正動画だけど見るのは犯罪じゃないの?

大丈夫です。日本国内において、無修正の動画や画像を視聴する行為は犯罪ではありません。保存も問題ありません。
ただし無修正動画を配信するなどの行為は法律で禁止されています。
そのため「カリビアンコム」を運営するDTIも無修正動画を配信するために海外に会社を設置しています。現行の日本憲法上は何の問題もありませんので安心してください。

月会費以外に追加料金が発生したりしない?

会員費以外に料金が発生することは一切ありません。ハイスピードプランやダウンロード増量プランなどの追加有料プランはありますが、自発的に登録しない限りは追加で料金が発生することはありません。

クレジットカードの利用明細に何て書かれるか心配なんだけど・・・

クレジットカードの明細にはサイト名やアダルトサイトなどの記載は一切ありませんので安心してください。
明細には『DI SERV』『DTISERV』のいずれかが記載されます。

以上を踏まえてまとめると…「カリビアンコム」は安全性も業界トップレベルのサイトです。


「カリビアンコム」のサイト運営の継続についても2019年2月時点までの動きを見る限りまったく心配ありません。

 

しかしこれ以外にも実は安心できないこともあります。
「カリビアンコム」の信頼性を逆手に取った“なりすまし詐欺”なども発生しています。
こういった偽サイトに騙されないように入会する場合は必ず公式サイトから登録をしてください。

 

>>「カリビアンコム」入会方法を図解解説、安全な入会はコチラから

「カリビアンコム」の危険性を検証しました

ここには載ってない疑問など、もし分からないことがあれば管理人にご連絡ください。

 

また、「カリビアンコム」を運営するDTIでも電話サポートを含めた、丁寧でわかりやすい24時間サポートを行っていますのでわからないことがあれば是非サポートをご利用ください。アダルトサイトでありながらとても丁寧な応対です。
海外に会社はありますが、勿論スタッフは日本人なので安心です。

 

 

 
TOP 危険性を検証 入会方法 退会方法 疑問に回答